ぷるたまやっこ。 puruyakko.exblog.jp

フレブルぷるぷる丸♂+ひややっこ♀+ぱぴ♀+人間たまこの・・・まったり日記


by purutamayakko
プロフィールを見る

◆ぱぴ、闘病記録。〜ふたつの病気ー②

↓ぱぴ、闘病記録の案内ページはこちらをご覧ください。↓

もう1つの病気は、
顔に出来た「腫瘍」。

これはてんかん発作で通院中に発見されました。
ずっと続いていた発作が少し落ち着いて、日常生活に戻り始めた時に!
発作との因果関係はあるのか?悪性なのか?
目の前が真っ暗になりました。

すぐに細胞診。結果があまり良くないため、切除手術をすることに。
(詳細は ◆ぱぴ、闘病記録。【時系列編】〜てんかん発作⑥ をご覧ください。)

腫瘍が出来た場所は顔でした。
左側頭部。左目と左耳のちょうど真ん中くらい。
大きさは1cmほど、まだ小さい。
再発を防ぐためにできるだけ広範囲、底部まで切除したいとの事。
顔の表情などが変わってしまうことは覚悟しました。
(プチ整形!と思うことにしました。もともと可愛いけど…)

手術予定日の数日前、ずっと落ち着いていた発作が始まってしまい、
手術延期になりました。
悪性の可能性が高いという事だったので、この時は早く切除してあげたい
気持ちでじりじりしました。

手術のため、抗てんかん薬の量をギリギリまで増やし、
ステロイドの量も一時的に増やしました。
そして、なんとか発作はおさまりました。
最初の予定より10日以上遅れての手術になりましたが、切除手術は成功。
麻酔の回数を減らすため、併せて行なったCT検査(てんかんの原因究明の為)
も無事に出来ました。
この術前のCT検査によって、腫瘍のすぐ下にあったごく小さなできものも発見
できた為、一緒に切除。
炎症を起こしているような画像だったのでこちらも悪性かもしれないとの事でした。

切除したふたつの腫瘍の組織を病理検査へ。

数日後に結果が出ました。
名前は「犬血管周皮種」というものでした。
聞き慣れないもので、先生の説明とは別に、また自分でも調べました。
この腫瘍は悪性とも良性とも言えない腫瘍で、ぱぴの場合、
核分裂の数が少ないので低グレードの軟部組織肉腫に相当する腫瘍だそう。

ざっくり言うと、良性にあたるけれど放っておけば悪性挙動を
示すこともあるので、取った方が良いものとのこと。
悪性度は低いものという事で少しホッとしました。
きちんと取り切れていると報告書にもありました。
(先生の技術のおかげです!)
小さなできものの方は、腫瘍性病変はみられずとのコメントだったので
こちらも安心です。

少量の細胞での検査ですら、良くない結果だったので、
もっと悪性度の高いものである可能性を覚悟していました。
転移性も低いが、同じ場所に再発しやすいため、
注意して見てあげて下さいと言われました。

けれど、「犬血管周皮種」で検索すると、あまり楽観視できない
腫瘍である事も分かりました。心配してもきりがないのですが…。

抜糸も終わり、傷も少しずつ癒えてきています。
術後、何事もなかったかのように、食欲旺盛だったのがとても救いになりました。
エリザベス生活、二週間!
ぱぴちゃん、本当にがんばりました。

フランケンぱぴ画像、見たい方だけ… ↓↓↓
注意※痛々しいです。






フランケンぱぴちゃん。
ちょっと痛々しいので見たい方だけ、どうぞ。

b0182850_23174106.jpg

[PR]
Commented by ゆい at 2018-08-14 16:34 x
パピちゃん小さな身体で頑張ってますね。
読んでで、泣きそうになりました。

痙攣、見てるのも辛いのに
回数も多いし、ご家族の方もみんな大丈夫ですか?

気にかける事しか出来ず、歯がゆいです(._.)
みんな、がんばれ!!

Commented by purutamayakko at 2018-08-14 22:10
> ゆいさん
ありがとうございます。
励ましの言葉が本当に心にしみます。

発作が再開すると、仕事で朝家を出る時に
たまらない気持ちになります。
それでも仕事中は切り替えて集中できるんですが、
終わって会社を出た瞬間に、ドッと不安が押し寄せ…
安全運転、心掛けます!
娘はだいぶ慣れてきてしまった?ようで、
遠巻きではありますが「大丈夫〜?」と結構クールな感じです(^ ^;)

ゆいさんも、ご無理はされませんように…
by purutamayakko | 2018-08-12 00:00 | ぱぴ、闘病記録。 | Comments(2)