ぷるたまやっこ。 puruyakko.exblog.jp

フレブルぷるぷる丸♂+ひややっこ♀+ぱぴ♀+人間たまこの・・・まったり日記


by purutamayakko
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

◆ぱぴ、闘病記録。〜ふたつの病気ー①

↓ぱぴ、闘病記録の案内ページはこちらをご覧ください。↓

今、ぱぴの病気は、2つあります。


1つは「てんかん」。
※これについては、とある動物病院のサイトがわかりやすいので、
リンクを貼らせて頂きます。
桑原動物病院様



病院の先生の診断:今回の発作は遺伝的な「特発性てんかん」、
もしくは脳内部に何らかの異常・障害によって引き起こされる
「構造的てんかん」のどちらかではないかとのこと。
けれど、ぱぴの場合はすでに8歳、幼犬期から今まで全く発作など
ありませんでした。
なので可能性としては「構造的てんかん」の方ではないかというのが
現時点での診断です。


まず、回数の多すぎる発作に対し、抗てんかん薬を投与して発作を
コントロールすることになりました。
短期間に発作の回数が多くなればなるほど(群発発作)、脳への
ダメージが増えていくようです。
1回が長い時間の発作や、発作後すぐに発作が立て続けに起こる
などの重積発作は、注意が必要で時に死にいたることもあるそうです。

薬を投与しても、すぐにおさまるコもいれば、なかなか効きづらいコ、
なかには薬すら効かない難治性てんかんというケースもあるようです。
ぱぴの場合は、薬がまったく効かないわけでもなく一旦はおさまるものの、
少し経つとまた発作が再開してしまう感じです。
(発作のきっかけは、色々な要因があるそうです。
例:気圧、気温、ストレス、睡眠不足、興奮等)

てんかん自体、完全にコントロールするのには数か月から一年近くかかる場合もあり、
長丁場な病気であるとは聞いていましたが、発作の嵐を目の前にすると嫌でも動揺し
落ち込む毎日です。
そもそも「構造的てんかん」ならば、理屈的にはその原因の病気などが進行すれば
発作が増えることもあるわけで…。

「構造的てんかん」の場合、その原因を調べるにはMRI検査や、CT検査が必要です。
脳疾患はCTでは発見できないことも多く、MRIでないと脳炎や脳腫瘍の診断はできない
との事ではありましたが、CT検査はかかりつけの病院でできるため、麻酔のリスク
(てんかんの場合、リスクは上がる)を承知で検査をしました。
※麻酔の回数を減らすため、腫瘍(別記事参照)の切除手術と一緒にうけました。


CT検査の結果、
画像から、まず水頭症ではないことがわかりました。
出ている症状から脳炎の可能性も低いとの事。
(捻転斜頸や発作時以外の意識障害もなく、発作後数日経てば麻痺が回復するため)
はっきりとした炎症や、見るからに脳腫瘍というものもなく。
(大きなものはCTでも分かるそうです)
大きな異常は見られないものの、ひとつおかしな所がありました。
大脳は通常、右脳左脳ともに同じ大きさですが、左脳が少し大きくなっており、
右脳を押しているような状態でした。
なぜこうなっているのかという原因までは、CTではわからないそうです。
ただ、考えられるのは左脳部分で何かが起きているのでは?ということです。


MRIは秋田県内には無い為、県外に行っての検査になります。
移動が長距離になるため、発作を誘発するのではないかという不安。
いざ、検査となっても通常時よりリスクの高い麻酔をまたかけること。
MRIの検査はCTよりも検査時間が長くかかるが、持ちこたえられるのか?など。


そして、なにより、病気が見つかった際に手術までする覚悟があるのか?
(手術、治療ができる場合)放射線治療?化学療法??
悩んで葛藤して、家族で話し合って決めた結果。
脳についての検査は、ここまでにしました。
発作やこれから出てくるかもしれない症状にたいして、その都度対応していく。
積極的な治療は断念しましたが、痛みや苦しさはできるだけ取り除いてあげたい、
緩和療法を希望すると先生にはお伝えしました。


ちなみに、てんかん発作自体には痛みなどはないそうです。
けれど、脳内の状態から頭痛などを日常に感じている可能性はあるそうです。


発作が起きるようになってから、ぱぴに少し変化があります。
気性がちょっと荒くなりました。興奮の仕方がはげしいというか…。
今までは、やっこにやられっぱなしで喧嘩にもならなかったのですが
やり返すようになりました。ぷるにも自分から仕掛けるように。
怒っているというよりは、我を忘れて襲いかかっているように見えて、恐怖を感じるほど。
(まあ、ぱぴにしてみればただの反撃なんでしょうが)
普段は今まで通りの、のほほんぱぴちゃんですが、キレる事が増えました。

これって、もしかしたら、病気や頭痛などからくるものなのかもしれません。

一度、止めに入った私の事を噛みました。
我を忘れるほどの興奮状態で、グルゥゥゥアッッ!ガブッ!!と太ももを…。
今までのぱぴだったら絶対にありえないことです。


今は最後の発作がおさまって数日たちます。
穏やかな時間が少しでも続きますように、と
いつも祈るような気持ちの毎日です。



[PR]
Commented by まるも at 2018-10-01 23:52 x
こんばんは。
随分時間が経ってしまいましたが、最近のぷるたまやっこは?と見に来たら
ぱぴさんのこと、事細かに書いておられて
気が付かなくてすみませんでした。
こちらにコメントいただいた時点で気付くべきでした。

2つの病気で、ぱぴちゃんもご家族も苦しんでおられると思います。
てんかん発作は、ご近所のうづの1才上の体格逞しいブヒさんがかなり以前から患っておられますが、最近も元気で過ごしておられます。
ただ、別なこの発作の動画を見せていただいたことがあり
発作の激しさに驚き、それを何度も目の当たりにすることは想像出来ないほどにお辛いことと思います。

そして、てんかんがあることによって治療が難しくもなっていて本当に心配ですね。
本当に少しでも症状が和らぐことをお祈りいたします。


余談ですが、スポーツ観戦に縁がない私も
この夏は同僚が秋田で知らず知らず金足を応援していました。
最後は残念でしたが、素晴らしかったですね。



東京は台風一過で暑かったですが、日に日に涼しくなってきました。
ご家族のみなさまも体調に気を付けてください。
Commented by purutamayakko at 2018-10-06 00:04
> まるもさん
コメントありがとうございます!
きちんと記録しておこうと思い、奮起してみました。
同じような症状や病気でネット検索される方もいるかもしれない、と。
ぱぴは今現在、元気に暮らしています!2週間前に二度発作がありましたが、
すぐにおさまりました。というのも、通院が発作のきっかけになっているようで。
先生からの提案で、薬だけ頂くことにして診察は動画のみになりました。
(心音とか聴いてもらえないのはネックですが…)
腫瘍の方は再発もなく、傷口もすっかり目立たなくなりました!
広範囲剃った毛も生えてきて、ジョリジョリです 笑
ご近所ブヒさんのお話、とても勇気付けられます。
ありがとうございます!!

余談、の金足農業のお話、ほっこりしました。
この夏、本当に彼らには元気をもらいました。
国体の頑張りにも涙腺ゆるみました〜 笑

まずは、ぱぴも今のところ落ち着いてくれているので、
1日1日を大切に笑って過ごしたい気持ちです。
by purutamayakko | 2018-08-12 00:00 | ぱぴ、闘病記録。 | Comments(2)